HOME < くま園とは < くま園のこだわり


当園でご紹介するお茶にはいくつかのこだわりがあります。

自然・大地に対するこだわり

茶畑に立ち昇る朝霧 当園では、玉露や高級煎茶が有名な八女(やめ・yame)上陽町(じょうようまち)で、久間さん一家が作ったお茶をご紹介しています。

八女(やめ・yame)地方は、福岡県南部、熊本県の県境近くに位置し、初夏には蛍が舞い、夜空には星がきらめく、澄んだ空気と水が豊かな場所です。
清流「星野川」や「矢部川」の影響で発生する霧が茶葉に潤いと瑞々しさを与えていると言われています。

当園でご紹介している多くの茶園は、「水はけが良く」「斜面が急で」「寒暖の差が激しい」場所に先祖代々受け継がれてきた茶畑を営んでいらっしゃいます。
これらの土地は、なだらかな山影により適度に日光が遮られるため、じっくりと旨味が蓄積された茶葉が育ちます。

茶葉を育てるこだわり

敷き藁:新苗の周りに藁を敷くことで土の温度を保ち微生物の働きも活性化します。 良いお茶を育てるには、よい土造りから。

私たちがいっぺんに美味しいものを食べ過ぎたり、薬を飲みすぎて気持ちが悪くなるのと同じように、 多くの肥料をいっぺんにあげてしまうと、土も根も傷んでしまいます。

当園でご紹介している茶園は、量やタイミングなど細心の注意を払いながら最適な肥料を与え、作りたいお茶それぞれに適した土作りをしています。

私たちが注意するのは、「科学的な農薬や肥料を使っているかor使わないか」ではなく「土や水やチャノキ自身が健康な状態でいるか」。
その為には、昔ながらの「敷き藁」を使ったり、最新の農法を取り入れたり・・・と、こだわりが無いのがこだわりです。

これから何百年も継続的に安全・安心で茶作りを営むことを前提に土作りにとり組んでいます。

 お茶の育て方について

茶を造るこだわり

現在は手揉(も)みではなく、工場での製茶が主流です。
摘み取った茶をいち早く、新鮮な状態で製茶工場に運べるように、 運搬用のトラックの内部には攪拌機(かくはん)をつけ、茶葉の温度が上がらないように 注意しながら・・・でも急いで製茶工場に運搬しています。
また、機械の揉(も)み方も一律同じではなく、茶葉によって揉(も)み具合を微妙に変えたりと 代々伝えられてきた手揉(も)みの感覚を忠実に再現できるように工夫をしています。
もちろん、手揉(も)みでお茶を(造ろうと思えば)造れる造り手さんのお茶をご紹介しています。。
 お茶の造り方について

まずは自分達が口にして、
自信をもってオススメできるものをご紹介しています。
私達久間一家が造ったお茶を最良の状態でお楽しみただけるように、
美味しい淹(い)れ方のメモ・テイスティングメモを同封してお届け致します。
また、もっと身近にお楽しみ頂けるよう、ティーバックの取り扱い商品を順次増やして参ります。

私が幼かった頃、茶畑仕事をしている祖父の久間は
お茶のことをとても楽しそうに話していました。
寧ろ、お茶以外のことを話している記憶があまり無いくらいです。

話す内容は、「そこまで手をかけてるんだ!」「すごいなぁ〜」と
思えるようなことばかり。
でも祖父は、それを何事もないように話します。
今思うと「手をかけること」=「当たり前のこと」として、
既に生活の一部になっているからだったのだと思います。

今、世代が変わり、伯父や近しい親族が茶畑仕事を継いでいます。
一緒に茶園に行くと、土に足をとられてノロノロとしか歩けない私を置いて
先に先にと茶園を進んでいきます。
傍目では気付かない芽の状態も敏感に気づき、
最適な状態になるように対処していきます。
またまた、すごいなーです。

安心して・純粋に・良いもの造りに専念して欲しいと思いますし
そうやっで出来た味のあるお茶を、楽しんで頂ける方に届けたいと思います。