美味しいお茶の淹れ方

 HOME < お茶を識る・愉しむ < 美味しいお茶の淹れ方

お茶の種類によって、最適な飲み方が変わります。。
一般的には良いお茶ほど、低温でじっくり淹れ、旨味を引き出すのが良いとされています。
ここでご紹介するのは、一般的に「美味しい」とされる、一人分のお茶の淹れ方です。
個人的には、ペットボトルに煎茶のティーバッグを入れて一晩かけて水淹しし、翌日のお出かけに持っていくのも便利で美味しくて好きです。

玉露

低い湯温でじっくり淹れるのがポイントです
玉露
【美味しく飲む目安】
湯量:35ml
湯温:40℃
茶葉量:4g
時間:2分
1.
沸騰したお湯を約50度位まで冷まします。
お湯は器に移し変える度に約10度下がると言われています。
2.
お湯を冷ましている間に急須と茶碗にもお湯を入れ、
器が温まったらお湯を捨てます。
3.
急須に玉露約4g(茶さじ1杯)を入れます。
4.
50度位まで冷ましたお湯を急須に注ぎ、待つこと2分。
5.
最後の1滴まで残さず茶碗に注ぎ独特の旨味を味わいましょう。

煎茶

いつものお茶でも淹れ方次第ですっきり円やかに
煎茶
【美味しく飲む目安】
湯量:70ml
湯温:70〜80℃
茶葉量:3g
時間:40〜50秒
1.
沸騰したお湯を約70〜80度位まで冷まします。
お湯は器に移し変える度に約10度下がると言われています。
2.
お湯を冷ましている間に急須と茶碗にもお湯を入れ、
器が温まったらお湯を捨てます。
3.
急須に煎茶約3g(茶さじ1杯弱)を入れます。
4.
70〜80度位まで冷ましたお湯を急須に注ぎ、待つこと40〜50秒。
5.
最後の1滴まで残さず茶碗に注ぎすっきりとした旨味を頂きましょう。
6.
2煎目は、お湯を入れてから10秒ほどでOKです。

深蒸煎茶

長く蒸されている分、お湯に溶け出しやすいお茶です。
短めの抽出時間で豊かな旨味が引き出せます。
深蒸煎茶
【美味しく飲む目安】
湯量:70ml
湯温:70〜80℃
茶葉量:2g
時間:30〜40秒
1.
沸騰したお湯を約70〜80度位まで冷まします。
お湯は器に移し変える度に約10度下がると言われています。
2.
お湯を冷ましている間に急須と茶碗にもお湯を入れ、
器が温まったらお湯を捨てます。
3.
急須に煎茶約2g(茶さじ1杯弱)を入れます。
4.
70〜80度位まで冷ましたお湯を急須に注ぎ、待つこと30〜40秒。
5.
最後の1滴まで残さず茶碗に注ぎすっきりとした旨味を頂きましょう。
6.
2煎目は、お湯を入れてから10秒ほどでOKです。

白折

少し高めの温度でじっくりと蒸らします。
白折
【美味しく飲む目安】
湯量:70ml
湯温:80〜90℃
茶葉量:3g
時間:1分
1.
沸騰したお湯を約80〜90度位まで冷まします。
お湯は器に移し変える度に約10度下がると言われています。
2.
お湯を冷ましている間に急須と茶碗にもお湯を入れ、
器が温まったらお湯を捨てます。
3.
急須に煎茶約3g(茶さじ1杯弱)を入れます。
4.
80〜90度位まで冷ましたお湯を急須に注ぎ、待つこと約1分。
5.
最後の1滴まで残さず茶碗に注ぎ、香ばしい風味と新鮮な甘味を頂きましょう。

粉茶

急須を使わず、茶漉しにお湯を注ぐだけでもOK
粉茶
【美味しく飲む目安】
湯量:120ml
湯温:70〜80℃
茶葉量:3g
時間:蒸らさない
1.
沸騰したお湯を茶碗に入れて温め1度お湯を捨てます。
2.
計量していた茶葉を、茶漉しにセットします
3.
茶漉しの下に茶碗を当てて、茶葉に満遍なくお湯が行き届くように円を描くようにお湯を注ぎます。
4.
茶漉しを上げ、茶葉のお湯をしっかり切って出来上がり。

紅茶

熱いお湯で立ち上がってくる香り愉しんで
紅茶
【美味しく飲む目安】
湯量:150ml
湯温:100℃
茶葉量:100℃
時間:3分
1.
沸騰したお湯をティーポットとティーカップに入れて温め1度お湯を捨てます。
2.
計量していた茶葉を、ティーポットに入れます
3.
沸騰したお湯をティーポットに入れて3分ほど蒸らします。
4.
ティーカップに注いで頂きましょう。