お茶と器

 HOME < お茶とうつわ


当園にご協力いただいている、陶芸作家さんのご紹介です。

色絵磁器 藤野貴則


釉薬かけ:藤野貴則 長野の工房で作り出される器たちは、
素朴な自然を細かく活き活きと、
でもさり気なく描かれたものばかりです。

ご本人いわく
「展示会で東京に3日位いると、土が感じられる長野に帰りたくなります。」
とのこと。

自然と寄り添って生活していらっしゃる方ならではの、 豊かな感性がうつわにも映し出されています。
左写真:釉薬かけ

ろくろ作業:藤野貴則 大分県耶馬渓にあるご実家では、
お父様の時代、山の頂き辺りの林を
切り崩し、畑を造るところから
お茶造りを始められました。

土を慣らす為に石を取り除く作業や
茶摘みなどのお手伝いをされていたそうです。

お茶に対する造詣の深さは、
生産に携わった経験の賜物。

右写真:ろくろ作業


右上:椿図 偏壷(へんこ) 左上:椿図 小鉢 中央:桜図 立高台杯 (たちこうだいはい) 正面手前:椿図 小皿 春の七草 組煎茶碗
右上:椿図 偏壷(へんこ)
左上:椿図 小鉢
中央:桜図 立高台杯 (たちこうだいはい)
正面手前:椿図 小皿
春の七草 組煎茶碗

【工房】 〒384-055 長野県小諸市柏木1270-6

藤野貴則
1974大分県耶馬渓に生まれる
1994九州デザイナー学院卒業
末岡信彦氏に師事
1996日本伝統工芸展初入選
1997伝統工芸新作展初入選
2005日本工芸会正会員となる
2006一水会展初入選
2008さいか屋川崎にて個展
2009青梅ギャラリー亜陶にて個展

影響を受けた作家
陶芸家 加守田章二(かもだしょうじ)
画家 田中一村(たなかいっそん)
水墨画家 呉一騏(ごいっき)